中小企業は地元密着で人材を確保

有効求人倍率が高止まりし、企業にとって採用難が続く。特に中小企業の人手不足は深刻化し、人材の確保が死活問題となっているが、即効薬が見当たらないのも事実だ。そんな中、大阪のモノづくり企業で、地域活動や企業連携などを通じて新卒など若手社員の獲得、定着につなげる成功例が出始めている。