パソナ、事務作業の自動化支援 ソフト使える人材育成

パソナグループは4月からタイピングなど事務作業を自動化する人材の育成を始める。作業自動化の専用ソフトウエアを使える派遣人材を2018年までに100人育てる。派遣社員は派遣先の自動化できる業務の提案や導入のコンサルティングを担う人材となり、人手不足や生産性の改善に対応する。