グローバル化の必須要素は環境変化へのアダプタビリティと従業員のエンゲージメントを高めること

口減少社会が到来し、日本企業にはグローバル化やワーク・ライフ・バランスへの対応は待ったなしの状況です。一方で、安部政権でも「働き方改革」を最大のチャレンジに掲げ、長時間労働や残業の抑制を企業に強く求めています。限られた従業員と短い労働時間という制約の中で、生産性を高めるためには、人口知能などの新たなテクノロジーを活用しながら、社員一人ひとりの能力と機会を最大化していかなくてはなりません。そのためには、企業の最も重要な資産である人材の教育や人事管理の仕方にもイノベーションを起こす必要があるのです。