65歳超の雇用手探り 法的義務なくても人手不足で拡大 賃金や保険負担など課題

産業界で人手不足が深刻になるなか、法的な雇用義務がない65歳超の高齢者を本格的に活用する動きが広がりつつある。健康寿命が延び、長く働きたい高齢者は多い。厚生労働省は雇用義務年齢の引き上げを視野に、企業に人事制度の改定を促す。一方で再雇用後の賃金水準など課題も多い。