外国人留学生雇用で活性化…東京・多摩

20140410-OYT8I50016-N

外国人留学生を営業などに雇用する動きが、東京都多摩地区の中小企業にも広がっている。

 2008年のリーマン・ショック以降に強まった海外展開を進める経営戦略などが背景にある。日常的に接することで、日本人社員の刺激にもなっている。

 「現地の言葉や文化を知らないと商品は売れない」。昨年、大学を卒業した中国人留学生を営業担当として新卒採用した工業用シール製造会社コスモテック(立川市)の高見沢