「賃上げ」は企業の生産性を上げるのか?下げるのか?

同一労働同一賃金、最低賃金…進む賃上げ
同一労働同一賃金を筆頭に、働き手の所得を増やす政策が相次いでいる。同一労働同一賃金の他にも、残業代未払いの摘発に、最低賃金の引き上げ。企業には、官製春闘とも称される政府からの賃上げ要請もなされている。
賃上げは、働き手にとっては大歓迎であるものの、企業にとっては人件費の増加につながり、コストの増加を招く。社員の満足度の向上や、人材の確保につながるとわかっていてもなお、企業が賃上げを進めていくことは決して容易ではない。