内定者つなぎ留め焦点 7月内定率78%、売り手優位続く

大手企業の面接解禁から約1カ月がたち、2018年春卒の学生を対象とする採用活動の焦点が内定者つなぎ留めに移ってきた。就職情報大手、リクルートキャリアが11日に発表した7月1日時点の内定率(速報、内々定含む)は78.6%と昨年比7.5ポイント上昇。空前の売り手市場が続く中、コミュニケーションを密にし内定者の他社への流出を防ごうとしている。