15年春大卒就活:「売り手市場」で内々定2週間前倒し

top_logo

2015年春大学新卒者の就職活動が例年より売り手市場で動いている。今月1日から面接など本格的な選考が始まったが、景況改善による人手不足感を背景に、大手企業を中心に内々定(実質的な内定)を出す時期が昨年より2週間程度前倒しで進んでいる模様だ。

 就職支援会社マイナビの調査によると、3月末時点の内々定率は16.4%と前年同月比5.3ポイント増で、10年の調査開始以来最も高い。男子は文系18.0%、理系18.8%。女子は文理系とも13.8%。

 内々定を得た学生のうち就職活動を終えたのは15.3%で前年同月比3.4ポイント減。いったん内々定を得ても、さらに増やしたうえで選択しよう