「生涯ハケン」の社会にしてはならない

ecd1404240500001-n1

安倍晋三内閣は、労働者派遣法改定案を今国会に提出しました。派遣労働を常用雇用の代わりにしてはならないという、派遣法の大原則を取り外すものです。この法案に対しては「生涯ハケン」を押しつけ、「正社員ゼロ」社会に道を開くという批判と危惧が広がっています。
大原則を見直し

 これまでも労働者派遣法は、何度も改定され、不安定な雇用で働く派遣労働者は増え続けてきました。それでも「派遣労働の常用