こんな求人情報はわかりづらい!求人広告や求人票で失敗しがちな4つの表現あるある

採用活動を行っていると、人事・採用担当者自ら求人票や求人広告、オファーメールなど、自社の求人原稿を書くシーンがでてきます。しかし、ターゲットを設定して、会社ならではの訴求内容を決めて、いざ文章を作ろう!と思っても、実際どのように表現すればよいのかわからず、筆が進まない場合が多いのではないでしょうか。