求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

―― 採用の難易度が質・量ともに一段と高まっています。対応を迫られる企業側の動向に何か顕著な変化は見られますか。

有効求人倍率の上昇が続く中、自社の「採用力」をあらためて問い直す必要性が、多くの企業により強く認識されるようになってきました。採用の手法やツールに関しても、自社の求める人材をより効率よく確保するために、なにかもっといいものはないのかという、改善・改革へのモチベーションが高まっています。そうした企業は確実に増えていますし、そうでない企業との差は年々広がってきているように感じますね。

その企業の「採用力」の差を決定づける具体的なポイントの一つは、自社サイトの中に求人ページを持っているかどうか、そしてその求人ページへ求職者を集客し、選考などのプロセスの管理も含めて行う採用手法が構築されているかどうかでしょう。