息苦しい職場は人の「主体性」を軽視している

今、日本の職場が大きく2つに分かれている。元気がある職場と、ない職場だ。

空前の「働き方改革ブーム」のもと、政府も企業もあの手この手を尽くしている。定時退社日設定、有給休暇取得促進、プレミアムフライデー。しかし、どれもイマイチしっくりこない。無理やり労働時間を減らしたところで、仕事の量が減るわけではない。人を増やしてもらえるわけでもない。そのことをよく知っている現場は、次のような「悪あがき」をしがちだ。