日本の部長の給料はなぜ、世界最低レベルなのか

logo (3)

人事コンサルティング大手のヘイコンサルティンググループが各国大手企業の役職階級別の年収(基本給、一時金、手当)を調査して、日本の課長級を「1」として指数化した興味深いデータを発表している。

図を拡大
日本人のマネジャークラス以上は恵まれていない
それによると、日本の部長級は1.36なのに対して、中国は1.64。本部長・事業部長クラスではさらに差が開いて、1.68対2.57。

タイにおいては、課長級は0