働き方改革はシステムよりも属人化した仕事の分割・細分化が重要――テレワークが成功しない理由はここにあった!

少子高齢化などの影響を受け、近年多くの企業で注目を集めている「働き方改革」。企業単位での取り組みはもちろん、「働き方改革実現会議」の開催や「働き方改革実行計画」の取りまとめなど、日本政府としても積極的な推進活動を行っている。こうした働き方改革に関する取り組みの中でも、特に重要施策として位置付けられているのが、時間や場所にとらわれることなく柔軟な働き方ができる「テレワーク」だ。