今、注目されている「テレワーク」について知りたい!

一億総活躍社会の実現に向け、国が提唱している「働き方改革」。その背景には、労働力の主力となる生産年齢人口が減少の一途をたどっているという現状があります。

 前回の「an report」“「時給派」「雰囲気派」 2つのタイプから、アルバイトの定着・退職防止を考える”では、アルバイトスタッフが仕事探しや継続勤務時に重要とするポイントから「時給派」「雰囲気派」の2つのタイプに分け、その定着や退職防止についてご紹介しました。人材不足が叫ばれる中、雇用形態に関わらず人材の定着や退職防止は重要視されていますが、その具体的な手段の1つとして、今、「テレワーク」が注目を集めています。また、政府や小池都知事もテレワークが社会や企業、労働者にもたらす効果に着目しており、2020年の東京オリンピックに向けて、テレワーク導入率の増加を目標に掲げています。とはいうものの、「そもそも、テレワークとは?」「テレワークによって、どんなメリットが得られるの?」という疑問を持っている方も少なくないことでしょう。