エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

介護・医療・ヘルスケアなどの情報サービスを提供するエス・エム・エス(東京・港区、後藤夏樹社長)は2018年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は131億6200万円、営業利益は21億4600万円で、創業以来14期連続の増収増益となった。