ストレスチェックによる早期発見フォローが職場ストレス軽減に効果

business_0514_036

アドバンテッジ リスク マネジメント <8769> は2014年5月13日、メンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の2013年度実績を解説するセミナーを開催した。「アドバンテッジEAP」のようなストレスチェックは、企業に義務化する法案が今の国会で審議中。14年4月9日に参議院を通過し、衆議院による審議に移った。アドバンテッジ リスク マネジメント執行役員の廣山真氏は、「ストレスレベルの高い従業員は、高ストレス状態にあることを継続的に指摘されるだけで、ストレス低減の効果があることがわかった。カウンセリングによるストレス低減効果は明らかなので、自身のストレス状態を定期的にチェックすることが大事」と語っている。(写真は、企業のストレス課題について講演するアドバンテッジ リスク マネジメント執行役員の廣山真氏。サーチナ撮影)