AIアナウンサー採用 地方ラジオ局が人手不足対応

人工知能(AI)が人間の代わりに「明日の天気は」とラジオ放送で読み上げる――。コニュミティー放送局のエフエム和歌山はこんな取り組みを始めた。「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーが自動音声でニュースと天気予報を伝える。同局によれば、国内初の取り組みという。