日本、外国人メイドの受け入れ拡大検討 特区など移民戦略に海外紙の関心高まる

maid

政府は、東京圏(東京都・神奈川県・千葉県成田市)、関西圏(大阪府・京都府・兵庫県)をはじめとする全国6つの国家戦略特区で、外国人労働者の受け入れを拡大する検討を開始した。

【外国人による起業の促進】
 フォーブス誌は、現行の入国管理規制では、外国人が日本で事業を起こす場合、国内に事前にオフィスを確保する等の困難な条件が課されると述べる。

 政府が現在検討中の案では、特区で起業する外国人を対象にした新たな在留資格を作り、創業後の事業計画などを提出することで、数年間在留できるようにするという。日本人が起こしたベンチャー企業で働く場合も、在留資格緩和の対象とする。