日本で「社内失業」が大量発生するワケ

logo-article

リーマンショック後、5.5%まで悪化した失業率でしたが、景気回復の恩恵を受けて、2014年には3%台半ばにまで改善しています。

この3%台半ばという水準は、金融政策や財政政策でさらに需要を作り出しても、これ以上引き下げることが難しいという状態だそうです。つまり、失業問題はほぼ解消されたことを意味しています。確かに最近、以前よりは失業問題が世間で話題にならなくな