どこまで上がる?今後の求人倍率の予測

厚生労働省が12月1日発表した10月有効求人倍率(有効求人数÷有効求職者数)(季節調整値)は前月比0.03ポイント上昇の1.55倍となり、4カ月ぶりに上昇した。1974年1月以来、43年9カ月ぶりの高水準となり、全体として人材不足が顕在化している。