世界で最も働きたい国、働きたくない国は?

original世界中の労働組合を束ねる組織「国際労働組合総連合」(ITUC)がこのほど公開した新たな報告書は、139カ国・地域における「労働者の権利」をめぐる現状に光を当てている。

ITUCは「2014 Global Rights Index」(世界権利指標2014年版)で、労働者の権利に関する指標を、「労働組合に加入できるか」、「法的保護や、法に基づく適正な手続きを受けられるか」、「暴力的な状況がないか」など、97項目について評価した。その後、国・地域ごとに、「1」(最高)から「5」(最低)までの数値でランク付けした。

満点を獲得したのは世界中でデンマークだけだった。つまり、同国は、労働者の権利に関する97項目の指標をすべて順守しているということだ。