【繰越予算】国は人材も供給を

logo (1)東日本大震災以降、県内市町村の一般会計予算の次年度繰り越しが続いている。除染作業などの慢性的な人手不足などで、復興予算を消化できていない。県も同様な傾向で、市町村への指導も限界だ。国が被災地の予算執行にも目配りしないと、復興が停滞する恐れがある。 
 県内59市町村の平成25年度から26年度への一般会計予算の繰越総額は2722億円で、前年度に比べ約1・5倍になった。