「良いお母さん」のレベルが高すぎる日本。働く女性は意識と行動をどうやって変えたらいいの? – 小紫恵美子

header_logo

最近、青山学院の須田敏子教授の記事に深く共感しました。

「『専業主婦にはリスクがあると知るべき』青学 須田敏子教授が語る女性が働くことの意味」(前編)
「『良いお母さん』のレベルが高い日本 須田敏子教授が語る、女性が働きやすい社会への提言」(後編)

非常に良い記事ですので、皆様には是非ご一読頂きたいのですが、特に心に響いたのは、「国民が豊かで幸せになるという目的のための施策にジェンダーを持ち込まないほうがいい」というところと、「日本は『よいお母さん』のレベルが高すぎる」というところです。