5年間で20万人が利用する 日本最大級 逆求人型就活サービス『キミスカ』 2020年卒向け、就活サービスを6月1日に開始! ~2018年8月までに2万名の学生登録数見込み~

株式会社グローアップ(本社:東京都新宿区、代表取締役:仲真良広 以下、当社)は、日本最大級の逆求人型就活サイト
『キミスカ』(https://kimisuka.com/)の2020卒向けサービスを2018年6月1日に開始したことをお知らせします。
今年度は、2018年8月末までに、2019卒の同月比2倍となる2万名の学生登録数を見込んでおります。

【キミスカの概要】 https://kimisuka.com/
スカウト型新卒採用サービス『キミスカ』では、2013年9月のサービス提供開始より順調に会員を増やしており、2019卒では延べ7万8千名の学生が就職活動を行うなど、企業と学生のマッチングを促進しています。
本サービス上では、登録学生が自己PR・学生時代に力を入れたことはもちろん、就職活動の「選考状況」を登録しています。
その「プロフィール情報」、「選考状況」はグローアップが運営する『キミスカ』上で企業に公開され、キャリアに対する価値観、志向性からも企業はスカウト対象を選択することが可能です。

売り手市場の影響もあり、学生が自ら企業にアピールし企業が特定の学生をスカウトする逆求人型の就活スタイルが注目されています。

※2017年卒~2019年卒の月別選考進捗(キミスカ調べ)

【2020卒動向予想】
2019卒採用と同じく<3月ナビオープン、6月選考解禁>というスケジュールになります。
2018年卒マイナビ企業採用活動調査(6月実施)によれば、企業のインターンシップ実施率は3年で7%上昇し、全体では4割弱、上場企業では7割超となっています。
また、2019年卒の4月の内々定率は33.2%、2018年卒4月は23.0%(マイナビ調べ) と、2020年卒ますます採用の早期化に拍車がかかる見込みです。

『キミスカ』でもサマーインターンに向け、6月よりご利用される企業数が2019卒に比べ増加しています。
早期の優秀層を求めた各企業の採用活動も活発化し、売り手市場が強まると予想される2020卒採用市場において、より戦略的に攻めの採用活動を進めていくことが今後求められていきます。
その中で『キミスカ』では学生が各社エントリーシートを提出し、適性試験を行い、面接のフローを踏むというようなステップを一概に踏む必要もなくなり、より多くの企業と接点を持つ機会を生むことでより早期に動いている学生とのマッチング率も高まる予想です。

■代表取締役プロフィール
仲真 良広
1983年、千葉県生まれ。2006年に神奈川大学卒業後、世界で最大のシェアを誇る外資系ヘッドハンティンググループに入社。
当時最年少コンサルタントリーダーとしての活躍を経て2008年2月に独立し、株式会社グローアップを設立。代表取締役に就任する。

■過去のメディア掲載実績
読売新聞 大阪本社「就活 企業がアプローチ」(2015/08/14)/TBSテレビ『Nスタ』(2015/05/08放送)週刊ダイヤモンド(2016/07/06号)
MHK『おはよう日本』(2017/10/02放送)/日経MJ「直観的逆求人アプリ」(2017/03/03)/日本経済新聞 就活探偵団 (2017/02/23)(2018/04/17) など多数
                                   
■ 本件に関するお問い合わせ先
企業名: 株式会社 グローアップ
URL : http://grow-up1.co.jp/
担当者名:広報担当 黒沢綾
電話番号:03-5925-7666
MAIL:a-kurosawa@grow-up1.co.jp