企業倒産件数の減少に潜む、人件費上昇による「隠れ倒産」とは!?

termination-110301_640-300x211

2014年6月9日、東京商工リサーチが発表した5月の企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は前年同月比20.2%減の834件と、5月として23年ぶりに900件を割り込む低い水準となりました。消費税引き上げの影響が懸念された小売業、卸売業とも前年実績を下回りました。しかしながら、人手不足や人件費上昇などが顕在化し、企業倒産の新たなリスク要因になりつつあります。人件費上昇が影響した倒産は1~5月期で9件あり、2013年通年実績10件に既に近づいており、今後の動向が注目されます。
 東京商工リサーチが