少子化対策、「両立支援」だけでは限界?「そもそも結婚できない」若者たち

logo

1990年、1人の日本人女性が一生の間に生む子どもの数(合計特殊出生率)が過去最低の1.57を記録した。これまでで最も低かった「ひのえうま」の1966年をさらに下回るという、この「1.57ショック」をきっかけに、政府はようやく「少子化対策」への重い腰を上げた。

 94年のエンゼルプラン、99年の新エンゼルプラン、04年の子ども・子育て応援プラン、08年の待機児童ゼロ作戦……これらに全く効果がなかったとはいえないが、その後も日本人の合計特殊出生率が目立って上昇することはなかった。05年には過去最低の1.26まで落ち込み、12年には1.4まで回復したものの、今後は「出産適齢期」の男女がどんどん減っていく。

 政府が少子化対策を始めて