入社したいなら自己PRをソーシャルで–紙に置き換わる「ソー活」

ダウンロード (14)

就職活動にソーシャルメディア利用する「ソー活」──について2013年に書いた。現在、ソーシャルメディアを駆使した新たな求人方法を試す米国企業が登場している。

 Amazonが買収した靴ネット販売のZapposが、先月、自社のサイトを含め求人情報をネットに掲載するのを一切やめ、代わりに求人のためのオンラインコミュニティを立ち上げた。

 Zapposへの入社希望者は、Zappos Insidersというオンラインコミュニティに登録して“インサイダー”となる。コミュニティに登録するには「テクノロジー」「マーチャンダイジング」などチーム(部署)を選び、履歴書をアップロードするか、LinkedInまたはFacebookを通じて行う。

 コミュニティに加入すると、“アンバサダー”と呼ばれるZapposの採用担当者6人や他の社員のプロフィールが閲覧でき、メッセージを送ることができる。社員とソーシャルメディアでつながっていれば、その社員に紹介を頼むことも可能だ。