「社長を雇う時代」 新浪社長に見る候補者の見つけ方

zakzak

 これまで一貫して創業家が経営していたサントリーが、新浪剛史ローソン会長を社長に迎えると発表した。そのローソンの後を託された玉塚元一氏も、外部からローソンに迎えられて社長となった。ここのところ、外部から社長を招聘(しょうへい)するケースが目立っている。

 会社の枠を超えて社長をやり取りする「社長マーケット」ができることは、日本のビジネス界にとっていいことだ。前任社長が社内から後任社長を指名する日本企業式の社長交代ばかりでは、前任者は自分から見て可愛くて