6割が今か今後「人手不足」 大商の中小企業アンケート

sankeibiz (3)
大阪商工会議所が2日発表した中堅・中小企業を対象にした雇用状況に関するアンケート結果によると、従業員が「現在不足している」または「今後不足の懸念がある」と答えた企業の合計が、全体の6割強に上った。

 「現在」は30.0%、「今後」は33.3%。人手不足による事業への支障については、生産量の減少や納期の遅れ、製品やサービスの質の低下を挙げる声が多かった。

 人材を確保するため、47.0%の企業が賃上げやボーナス支給額をアップ。20.7%がパートを正社員化したという。