なぜ日本企業は、海外進出が”下手”なのか?

img_3118e152ddf90629b0f1095254408fee95639

日本企業にとって海外進出の必要性がますます高まっている。安倍首相が打ち出した「第三の矢」に象徴される国内の構造改革が成功としたとしても、人口減少が予想される国内市場が大きく成長するとは考えにくいためだ。日本企業は、国内市場で生き残って成長を続けるためにも、海外市場におけるチャンスを逃してはならない。

しかし、これまで日本企業の海外進出が予想したほどの成果を上げられなかった事例は数多く、現在もそのリストは増え続けている。