スマイルワークスが中小企業ユーザーを伸ばし続けるワケ (1/2)

ダウンロード (1)

「クラウドは、IT企業の役割を変えるとともに、新しいプレイヤーを誕生させる」。スマイルワークスの坂本恒之社長はIT産業の大きな変革を予想し、会計と販売、給与をまとめて管理するクラウド型業務ソフト「ClearWorks」の販売に力を注ぐ。

 社員数十人から数百人の中小企業をターゲットとする同製品のユーザーは6000社近くに達する(2014年6月上旬)。2015年10月に消費税率が再び改定されれば、利用者はこれまで以上に増加するとし、開発とサポート体制の拡充を進める。