介護人材、福島に来たれ 県外の人に奨学金

140714_2m
福島県は、県外から福島に移り住んで介護施設などで働く人を対象とした奨学金事業を2014年度から始た。引っ越しに必要な就職準備金として30万円を貸し、1年以上勤めた人には返還を免除する。  無資格者の場合は介護職員初任者研修の受講費用(15万円以内)を貸して修了を促し、2年以上勤めた人には返還を免除する。貸し付けは最大で180人、総額1億2000万円を見込む。東日本大震災による原発事故から3年以上たっても人手不足が続いていることを踏まえ、厚生労働省が費用を全額負担する異例の対応となった。