ソーシャルメディア、「就職に有効」9割

vn_logo_2012_01

就職活動でもっとも利用するソーシャルメディアに、学生の6割が「Facebook」をあげていることが11日、ソーシャルリクルーティングの2015年卒業予定就職内定者1052人を対象にした調査でわかった。

 同調査によると、ソーシャルメディアを「就活に有効なツール」と感じている学生は9割に達し、8割が「企業側にもソーシャルメディアを持つべき」と回答した。ソーシャルメディアの活用目的でもっとも多かったのは「企業の説明会・イベント情報の収集」(60%)だった。