ITの活用で働き方を変える 総務部門主導で変革に取り組む

thumb_450_1538_016

情報システムの提案先として、総務部門に注目が集まっている。企業の生産性を高めるには、勤務体制などの働き方=ワークスタイルの見直しが求められるが、その担当部署が総務部門だからだ。これまでITベンダーにとっての主な提案先は、ITを専門に扱う情報システム部門だったが、ワークスタイルの変革は畑が違う。また、 SMB(中堅・中小企業)には専任の情報システム担当者が少ないことから、総務部門の存在感はさらに増している。ITベンダーは、ワークスタイルの変革を切り口に総務部門への提案を一段と強化しているのだ。