新労働時間制で働きたい人 たった2割

logo

政府が創設を目指す、働いた時間ではなく成果に応じて報酬を決める新たな労働時間制度で働きたいと考える人は、労働者の2割にとどまることが調査機関のアンケートで分かりました。

アンケートは、社団法人「日本能率協会」が先月、企業などで働く20歳から69歳の男女を対象に行い、1000人から回答を集めました。
それによりますと、働いた時間ではなく成果に応じて報酬を決める新たな労働時間制度について、「働きたい」と答えた人は19.7%と全体の2割にとどまりました。