バブル世代のシニア化、再雇用加速で 経営が頭を悩ます「お荷物」社員の実態

dol_logo

好況時に大量採用したバブル世代がまもなく50歳代となり、その処遇が大きな経営課題に浮上している。就くべきポストがなくやる気を失っている彼らは、放っておくと単に金を食うだけの「お荷物」社員になりかねない。

 今、職場で働かないオジサンへの不満が高まっている。中でも被害が大きいのが、周囲に攻撃をしてくるケースだ。

 契約先の企業で産業カウンセラーを務める