インドネシア4年半ぶり低成長 ジョコ氏厳しい船出に

96958A9E889DE5E7E0EBE5E0E2E2E2E4E2EAE0E2E3E69793E3E2E2E2-DSXBZO7529703006082014I00002-PN1-5

【ジャカルタ=渡辺禎央】東南アジア諸国連合(ASEAN)の大国インドネシアの経済が急減速している。4~6月の実質国内総生産(GDP)伸び率は前年同期比5.12%で、4年半ぶりの低水準となった。資源輸出が低迷、昨年の利上げの影響で企業の投資も振るわなかった。庶民目線の改革派として7月の選挙に勝利、10月に就任するジョコ・ウィドド次期大統領は厳しい環境での船出となりそうだ。

景気のてこ入れや福祉向上など新政権の課題は山積(7月、ジャカルタ)
画像の拡大
景気のてこ入れや福祉向上など新政権の課題は山積(7月、ジャカルタ)
 「政府想定の5.2~5.3%に届かなかった」。中央統計局のスルヤミン局長は5日、こう述べ、通年目標の5.5%も達成が困難だと認めた。ジョコ氏が目標に掲げる7%成長からはほど遠い数