日本にも「プロ経営者」の時代が到来か——大企業社長人事で相次ぐ外部人材起用

d00134_main

新浪剛史ローソン前会長のサントリーホールディングス社長への起用をきっかけに注目を集める「プロ経営者」。“一家意識”の強い日本企業が相次いで外部人材を起用する背景とその成否を分析する。
1 シンプルビュー / 印刷
サントリー、初の創業家以外の社長を起用
サントリーホールディングスや武田薬品工業、資生堂など、日本の著名な大企業で、外部の人材を社長に起用するケースが相次いでいる。経営手腕に定評のある「プロの経営者」を社外から招く新たな動きとして、マスコミは大きく扱っている。これまで社長は生え抜きの役員から選ぶのが半ば常識だった日本企業を、果たして変えることになるだろうか。