日本の情報分野に足りない3つの人材

images (4)

情報分野の分野で、不足を感じている3つの人材カテゴリーがある。それは「デザイナー」「プログラマー」「セキュリティ人材」である。いずれも対症療法的な人材育成に終始して明確な育成活動は見られない。根本からの教育改革と評価を含めた環境改善を実施すれば、日本人の能力からしてこれらの人材は補えるはずだ。
 情報に限らず、どの分野でも議論の収斂はよく人材問題になっていく。その論調はいつも「不足」であり、そのための人材育成論も盛んである。永遠の課題のようにも見え、そういう一面は現実としてある。環境がどんどん変わっていく社会の中で、求められる人材像が固定では