ロボットが雇用に悪影響をもたらさない理由

MTIxNDI3Mjk1MjA0MTE1OTgx-624x415

世界の製造業におけるロボットの使用状況は、2009年以来一定の上昇を見せている、とマサチューセッツ工科大(MIT)のテクノロジー・レビューは報告している。

World Roboticsや合衆国労働統計局、それにOECDのデータから、MITはロボット購入費用が毎年増加していることを発見した。しかし、それらの数字をよく見ると、ロボットが直接人間の雇用を奪っているわけではないということが分かる。

ヨーロッパ(ドイツを除く)では、ロボットの使用数が上昇し、人間の雇用が減っている。しかしアメリカとドイツ、韓国では、ロボット使用数と人間の雇用、両方が上昇している。これはロボットが人間の職を奪っているというよりは、ドイツ車、アメリカ車、韓国車の需要が高まっているという証拠である。結局のところ、MITの調査が示すものは、自動車産業が他の産業分野よりもロボットを取り入れている、ということなのだ。

わかりにくいかもしれないが、1つの理論がある。経済が悪化して売上が落ち