なぜ女性管理職は増えないか 「30%目標」を遠ざける“日本的雇用慣行の疾患”

img_111a5b516fc9434d35facdab7a5eb144120123
政府は今年6月に示した新しい成長戦略のなかで、「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上」との目標を掲げた。一方、現在の日本における女性管理職の比率は11%に過ぎず、目標との乖離が著しい。では一体なぜ、日本では女性の管理職が増えないのだろうか。その背景には「日本の労働市場の疾患」があり、「この疾患を解決しなければ女性管理職は少ないままだ」と八代尚宏・国際基督教大学客員教授は指摘する。