アベノミクスに懸念 雇用増も非正規ばかり

logo野田佳彦前総理はアベノミクスに懸念を示した。11月頃に第3四半期の実質GDPなどの速報値が公表されるが「その数値が芳しくないものであったら、アベノミクスへの期待は剥落し、その政策の本質が資産を有する投資家だけを豊かにし、他の者を置き去りにするものだとわかるでしょう」と安倍政権が大企業と投資家など富裕層を優遇するものでしかなかったという結果になるとしている。

 野田前総理はアベノミクスに期待された賃上げや失業率の改善について「バークレイズリサーチの調査によれば、第2四半期において実質賃金は対前年比マイナス3.2%となり、過去18四半期中、最大の下落となった」ことをあげ、「総理が経済団体に賃上げの要請をしている報道が盛んに行われたが、要は、その賃金引き上げが物価上昇分まで届いていないということ」と賃上げが