日本型雇用の強み“同期”ネットワークが企業を救う? 日本の“同期”文化に迫る

mcb1409100500007-n1

あなたにとって「同期」とはどんな存在だろうか。
 苦楽をともにした戦友でもあり、ライバルでもあり…。
 何か特別な感情がわいてくるはずだ。
 『同期の人脈研究』(岸宜仁/著、中公新書/刊)は、新聞記者として官僚・民間企業を長年追ってきた著者が日本の”同期”文化について論じたルポルタージュ。
 同じ年に卒業・入社した人々を結ぶ「同期」という言葉。日本の新卒一括採用が形成した独特の紐帯は、雇用が流動化した現在、