南富士、ベトナムで人材養成校 日系企業に供給

st_nikkei_r1_20101003_1

中国などで人材養成を手掛ける南富士(三島市、杉山定久社長)はベトナムに本格的に進出する。ハノイ工業大学と提携し、建築現場や工場などで働く人材の養成校を7月に設立。年内には中国などで実績がある経営幹部候補の養成機関も立ち上げる。人手不足の日本企業や、アジアに進出した日系企業向けに有能な人材を供給する。

 ハノイ工業大学と提携し、ハノイに「マイスタースクール」を7月に開校した。同大学の新卒者のうちスクール入校希望者を対象に大学側が知能指数検査を実施。さらに面接を経て、12人が受講した。

 マイスタースクールでまず立ち上げたのが、南富