トップに外部人材、2割「あり得る」 社長100人アンケート

st_nikkei_r1_20101003_1

 「プロ経営者」の登用が注目を集める中、「社長100人アンケート」でトップに外部人材を起用する意向を聞いたところ2割が「あり得る」と答えた。このうち75%が「経営に新たな発想が入る」効果に期待している。役員、部長級の社外からの起用は約65%が「すでに実施」済み。国内有力企業でトップを社外から招く動きの広がる兆しがうかがえる結果となった。

 サントリーホールディングスがローソンの新浪剛史前会長を社長に…