外国人の同僚に関する困り事、「文化」や「仕事への価値観」の違いが最多に

o03200320index.iapp
人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンは25日、「外国人上司や外国人部下とのコミュニケーション」についての調査結果を発表した。同調査は7月14日~28日の期間、2カ国語以上の語学を用いて専門性の高い職種で働くビジネスパーソン(以下バイリンガルスペシャリスト)を対象に実施。645名より回答を得た。

○日系企業でも約7割が外国人の同僚と働いた経験あり

「外国人上司、又は部下と働いた経験があるか」という問いに対し、88%が「ある」と回答。外資系企業と日系企業では、日系企業で働くバイリンガルスペシャリストの66%が「ある」と回答している。