年功序列など雇用めぐる構造問題に取り組む=政労使会議で安倍首相

logo_reuters_media_jp

安倍晋三首相は29日、「経済の好循環実現に向けた政労使会議」に出席し、経済の好循環拡大のためには「労働生産性の向上を図り、企業収益を賃金上昇や雇用の拡大につなげる必要がある」と指摘。年功序列の賃金体系見直しなど、雇用をめぐる構造問題に取り組んでいく考えを示した。

安倍首相は昨年の政労使会議を踏まえて、今年の春闘などで賃上げが実現したと評価したうえで、動き始めた経済の好循環を拡大するため、「今年は雇用をめぐる構造問題でも政労使の共通認識を醸成したい」とした。具体的には、1)年功序列の賃金体系見直しと労働生産性にあった賃金体系への移行、2)ワークライフバランスの見直し、3)職業訓練や労働移動の円滑化、を図りたいと述べた。

安倍政権は昨年行った経済の好循環