2014年10月 化粧品業界の求人・転職トレンド

img2377_1.jpg
10月に入ると、日系化粧品企業は来年度の新卒採用に向けて人事が動き出します。一方、外資系企業は12月の決算に向けて、期末の時期に入ります。
そのため、日系・外資系企業ともに、10月は中途採用で新たな募集が出づらい時期といえます。

しかし、化粧品業界では欠員補充を目的とした中途採用も多いため、この時期でも新たな求人案件は発生しています。このような求人の場合、人事は年内には採用したいと考える傾向にありますので、選考のスピードも比較的速く、テンポ良く面接が進みやすいという特徴があります。