大きな環境変化に対応し、あなたの会社が「20年後」も存在するために–いまワークスタイル変革を急ぐべき理由

35054557_01

企業が長期的な競争力を維持し、数十年後も存在し続けるためには何が必要だろうか。そうした問いに対し、ワークスタイル変革の重要性を指摘するのがデロイト トーマツ コンサルティングだ(DTC)。「少子高齢化により労働人口が減少する一方、グローバル化にともない優秀な人材の確保が課題になっています。日本人は、根本的に働き方を見直すことを考えるべき局面にきています」と強調するのは、同社でシニアマネジャーを務める水上晃氏らのチームだ。